江戸写し絵社中(一般社団法人 国際フェローシップ・アーツ)

江戸時代のアニメのルーツ 「江戸写し絵」を体験しよう

「江戸写し絵」の仕掛けとカラクリをとことん堪能する!

中央区推進事業助成200年前にオランダから伝わったマジックランタン(幻灯機)を、日本的に改良し上演した江戸時代の大衆芸能『江戸写し絵』を上演します。上演作品は『江戸写し絵』のカラクリ、仕掛けが堪能できる「だるま夜話」と中央区ゆかりの「椙の森神社」を題材にした「宿屋の富」を落語との共演で上演します。「宿屋の富」は、この公演のために新しく制作された作品で、今回が初演になります。

出演:林家 正雀(落語)


江戸時代のアニメのルーツ 「江戸写し絵」を体験しよう江戸時代のアニメのルーツ 「江戸写し絵」を体験しよう 江戸時代のアニメのルーツ 「江戸写し絵」を体験しよう 江戸時代のアニメのルーツ 「江戸写し絵」を体験しよう

日時

11月4日(月・休)
①13:00~13:40(12:30開場) ②16:00~16:40(15:30開場)

定員

各回180名(先着順)

場所

日本橋社会教育会館 8階ホール(日本橋人形町1-1-17)

地図

最寄り駅

日比谷線「人形町駅」A2番出口・浅草線「人形町駅」A6番出口より徒歩4分
半蔵門線「水天宮前駅」8番出口より徒歩5分

申込・問合せ先

江戸写し絵社中(一般社団法人 国際フェローシップ・アーツ)
TEL : 03-5695-8115
E-Mail : edo@ifa-tokyo.org